ビ・ハイア HOME > 外注先情報 > ゲーム外注先協力会社情報 > 優秀外注先 ソーシャルゲーム会社にオススメ 出向できる3D制作会社 Maya 、Max、MotionBuilder、AfterEffects 人月60万前後で応相談

ビ・ハイア ニュース

2016.03.02 優秀外注先 ソーシャルゲーム会社にオススメ 出向できる3D制作会社 Maya 、Max、MotionBuilder、AfterEffects 人月60万前後で応相談

3D外注先にはじめて発注するスマホソーシャルゲーム会社さまへ

ソーシャルゲーム会社は3D会社をどう探したら良いのか 人材募集がままならないスマホアプリ会社へ

ソーシャルゲーム会社は3D会社をどう探したら良いのか 人材募集がままならないスマホアプリ会社へ



という記事を書きましたが、1本目の3Dスマホゲームがうまくいった会社さんほど、2本目、3本目のために3D人員を強化し、より3Dゲーム制作に乗り出していこうというフェーズに入っているようです。そんな中、問題に上がるのは「どの3D制作会社に外注したらいいのか。」です。今まで付き合いのない分野で、かつスマホゲーム3Dだけではなく3D映像制作はコンシューマーゲーム、アニメ、実写映画、イベント、パチンコ・パチスロと多岐に渡ります。しかし、それぞれにどういう違いがあるのか。価格感やスキルや作り方の違いなど、これから初めて3D外注先を募ろうというソーシャルゲーム会社には分からないことずくめです。

shutterstock_315881993かゆいところに手が届く、御社に来て尽きっきりになってくれる会社を探そう

はじめて3Dの外注先を探すなら、2Dとは全くやり方が違うと言うことを意識しなければいけません。2Dのカードゲームなどで使われていたイラストレーターは個人としてフリーで動いてる人が多く、その個人に個別に声をかけて納期・単価次第で制作を依頼したこともあるでしょうし、イラストレーターを複数人まとめ上げてディレクションしてくれるイラスト会社に発注をかけたこともあるでしょう。彼らの仕事のほとんどは枚数単価で計算され、絵が必要なときだけ、テイストの合う人にだけクライアント主導で発注すれば回せていました。しかし、3Dは3Dに比べてフリーの人は少なく、ほとんどどこかの企業に属しています。個数単価ではなく人月単価で最低でも1ヶ月以上制作に時間を要する作業がほとんどです。テイストも2Dと比べて個人差やムラはなく、大まかにローポリかハイポリか、リアル系かトゥーン系かに別れており、より感覚的というよりシステマチックです。専用の3Dツールを使っての作業ですので、専門知識が無いと作れません。

「デザイン」といっても2Dと3Dでは明確に棲み分けがされており、これらを全て分かった上での発注を行うためにはソーシャルゲーム会社にとって時間も人的労力も足りません。そこで、オススメの方法は3D会社の担当の人に社内に通ってもらい、発注する側である社内スタッフに3Dのいろはを教えてもらうことです。3Dの外注先としては、常駐の作業は1つの仕事に比重がかかりすぎて大変なので望ましい形とは言えませんが、それでもお互い手探りなまま、どこを直したら良いかも分からないコンセンサスの採れない制作を続けるよりは遙かにマシです。

shutterstock_335867939出向をお願いするならお互いに納得できる条件で

英語をしゃべれないのに海外に発注しなければならないという場面を思い浮かべてください。苦手な英語で毎回発注書を書き、欲しい制作物のテイストなども伝えたつもりになっていたけど、いざ上がってきたものはイメージと違う。しかし、この感覚をどう伝えたら良いか分からない。頑張って英語でまた直して欲しい箇所を書く・・・直ってない・・・書く・・・と、こんな不毛なやり取りを続けるぐらいなら来てもらって実際にPCの画面を見せて動かしてもらいながらジェスチャーを使ったり紙に書いてその場で見せたりして修正してもらった方が遙かに早いですし、コミュニケーションの齟齬が出にくくなります。

ソーシャルゲーム会社と3D制作会社はさながら外国人同士のようにお互いわからないことだらけです。分からないこと・伝わらないことを相手のせいにせずお互い歩み寄って良い物を制作するために力を合わせる必要があります。常駐している期間は、社内の他の仕事ができないので、3D制作会社からしたら大きな負担です。それを軽減するためにソーシャルゲーム会社は来てもらう分のメリットを提示する必要があります。それは例えば人月単価を3D会社マターで要望を聞くとか、継続的な発注を任せるとか、最初のコンセンサスが取れるまでの期間だけの常駐として、お互い共有が出来たら持ち帰って構わないという風にするとかいったことです。

shutterstock_324381293おすすめ出向3D会社

上記を踏まえた上で、ご紹介したいのはゲーム、アニメ、パチンコ・パチスロの制作に携わってきたベテランデザイナーを要する3D会社です。現在出向作業が可能なのはAさん、Sさん、Wさんの3名です。

【Aさん】
34歳 男性
経験 12年
モーション 得意(モーションだけなら複数の3Dツールを扱えます)テクスチャ 得意
モデリング 普通(XSIのみ)
エフェクト あまり得意ではありません
得意分野:XSIアクション系手付けモーション

※主にXSIとMotionBuilder、Maxを使用してのモーション作業が得意です。PS4などの次世代機やパチンコ・スロット、携帯機ゲームなどの経験があります。

【Sさん】
24歳男性
経験3年
MotionBuilderとMaxの経験があります。XSIとMayaは触ったことがある程度です。
得意分野:3DsMax MotionBuilderでの一通りの作業

※アプリ案件で直近までMaxを使用してのモデリング作業を行っていました。PS4などの次世代機やパチンコ・スロットなども経験し、有名タイトルに複数携わってきました。版権モノが得意です。

【Wさん】
35歳男性
経験:2年
主にモーション案件を中心に、コンポジットやレンダリング等の作業を行っております。
得意分野:手付けモーションでしたら、MAX,MAYA,XSI,MBを経験しております。
パチンコ・パチスロを中心にモーション・アニメーション作成に携わってきました。経験年数は浅いですが、その間に8案件をこなしてきています。

上記3名の詳しい経歴書などが必要であればExcelのご用意がございます。お気軽にお問合せください。

toiawase

このブログを書いた人

大山莉加

大山 莉加執行役員 » 詳細プロフィール

ラクジョブ運営会社ビ・ハイア株式会社のBLofBLにして、千葉出身の東京都港区民。肉食系女子に見せかけたBL。BL好きのコスプレイヤーと思いきや日本で最もアニメゲームマンガ業界の案件情報、ビジネスマッチングに優れてるのでは・・・と思わせる情報量。彼女のおかげで倒産の危機を乗り切ったり、突然ラインが空いた!!という悲劇を乗り切ったアニメゲームマンガ業界の社長も多い。

ページ上部へ戻る

このブログを書いた人

大山莉加

大山 莉加

執行役員

ラクジョブ運営会社ビ・ハイア株式会社のBLofBLにして、千葉出身の東京都港区民。肉食系女子に見せかけたBL。BL好きのコスプレイヤーと思いきや日本で最もアニメゲームマンガ業界の案件情報、ビジネスマッチングに優れてるのでは・・・と思わせる情報量。彼女のおかげで倒産の危機を乗り切ったり、突然ラインが空いた!!という悲劇を乗り切ったアニメゲームマンガ業界の社長も多い。

もっと見る

人気ランキング
新着動画
カテゴリー
  • アニメゲーム遊技機案件情報
  • 外注先情報
  • 社長ブログ
  • 採用戦略情報
  • 営業戦略情報
  • 自社スタッフ募集情報
  • サービス内容・価格・実績
  • メルマガバックナンバー
アーカイブ
  • 運営会社情報
  • お問い合わせ