ビ・ハイア HOME > 大山莉加プロフィール

ビ・ハイア ニュース

大山莉加

大山 莉加 プロフィール

執行役員

ラクジョブ運営会社ビ・ハイア株式会社のBLofBLにして、千葉出身の東京都港区民。肉食系女子に見せかけたBL。BL好きのコスプレイヤーと思いきや日本で最もアニメゲームマンガ業界の案件情報、ビジネスマッチングに優れてるのでは・・・と思わせる情報量。彼女のおかげで倒産の危機を乗り切ったり、突然ラインが空いた!!という悲劇を乗り切ったアニメゲームマンガ業界の社長も多い。

氏名 大山莉加(おおやまりか)
出身地 千葉県

求職者の皆さんへ アニメゲームマンガ専門求人サイト ラクジョブ
アニメ業界 転職にかける想い

ロマンも良いけどBLが大好き。案件情報の女王です。

ロマンも良いけどBLが大好き。案件情報の女王です。

「アニメーターは体力勝負だから、『ガテン』に求人を出したんだけど、、、・・・全然採れない!!」『ガテン』と言えば土木作業員向けの求人誌。そんなところに出しても採れるわけないじゃないか。。。というのが今の私達からして通常の反応ですが、冗談ではなく本気でアニメ業界は本格的な人不足に悩み、行き詰まり、そこかしこで同じように悲痛な叫びを上げていたのです。

その頃、弊社代表の清水はプロダクションアイジーというアニメ会社に所属し、人材不足にあえぐアニメ会社の社長たちの悩みを一番近いところで聞いていました・・・が、その頃はアニメ業界専門の求人サイトはおろか、求人誌もなければ会社HPも満足なモノが作れていない。そういう時代でした。そこで清水は奮起し、プロダクションアイジーを飛び越えて全てのアニメ会社が良い人材に巡り会える仕組み作りをしようと奔走しはじめます。泥臭く、地味で、体力勝負。アニメ制作の現場はそれこそ『ガテン系』だと作り手側も思っていた時代。だからこそ転換が必要で、業界自体もイメージを変えていかなければと、『ノイタミナ枠』を作ったのもこの時期でした。

平田副社長との打合せ風景。やはり食べてます。

平田副社長との打合せ風景。やはり食べてます。

「ノイタミナ」とは「Animation」を逆読みしたもので、 「アニメの常識を覆したい」「すべての人にアニメを見てもらいたい」 という想いから名付けられています。一部のコアなファン層だけではなく、すべての人が楽しめるエンターテイメントに、アニメを押し上げようという思い。それに呼応するようにラクジョブは「楽しむから、楽しませるへ」というスローガンを掲げ、「アニメオタク」と呼ばれた人達が、プロとして今度は楽しませることを「仕事」にできるように。アニメを見ることの一般化と合わせて、アニメを仕事にすることも立派なビジネスとして世間一般に認知されるようにラクジョブを育ててきました。

「ノイタミナ」も、ラクジョブ運営会社ビ・ハイアも、2015年で10周年です。
この10年で、アニメの世界は大きく変わりました。

スクリーンショット 2015-12-07 17.22.27スクリーンショット 2015-12-07 17.20.49

※参照元:http://aja.gr.jp/jigyou/chousa/sangyo_toukei

テレビアニメは多くても200本だった2005年までと比べ、2005年以降200〜300本と一気に100本近く増え、劇場アニメも、年間を通して20本程度だった2005年までと比べると2005年以降は30〜50本と本数が大幅に増え、一般のアニメに興味が無い人にも、遊技機への進出を境に興味を持ってもらい、コアなファン層だけではなく大衆への認知を広げました。現在のラクジョブでのアニメ関連職種就業希望は1万件を超えています。

もっともっと、作る側も見る側も誇れる日本のコンテンツとしてアニメを伸ばしていきたい。そのためには、みなさんが活き活きと楽しそうにアニメ業界で働き、大成功することが第一だと考えています。宮崎駿のような国民的アニメ作家をどんどん輩出し、ジブリ作品をガンガン超えていくヒット作を作り、「アニメってかっこいい!」「アニメを作る人に憧れる」こう言われることをスタンダードにしていきたい。アニメで世界を盛り上げる、そんな人を応援するラクジョブでありたいと考えています。

ゲーム業界 転職にかける想い

私がラクジョブに携わり始めてから6年が経とうとしています。
私が入社した当初は、ゲームといえばコンシューマー。

1150296_689149417784003_1591814171_n

よく食べ、よく案件情報をマッチングし、よくBLします。

2010年のゲームソフト売上TOP10 (ファミ通調べ

PSPやPS3、DSの開発が全盛期で、C、C++のプログラマーが活躍しており、いまのようにサーバー側のプログラマーやUnityエンジニア、スマホなんて言葉はありませんでした。ラクジョブが始まって以来、アニメゲームマンガの中で一番大きく変化したのはゲーム業界でした。上記「2010年のゲームソフト売上TOP10 (ファミ通調べ)」で見る限り、いまラクジョブに掲載されているようなスマホ系企業の名前は1つもなく、同じメーカーの名前が複数登場するのみです。

メーカーと呼ばれる企業が増えたのと同時に、「ゲームプログラマーの求人」や「ゲーム 2DCGデザイナーの求人」と言っても一言で理解が及ばないぐらいに、各職種に求められることが細分化され、職種ごとに内包するニーズも多岐にわたるようになってきました。アニメ業界への就業後の定着率を上げる手立てになると感じています。

確かに、求人にかけるお金にそこまで余裕はないかも知れませんが、一般の媒体で業界経験未経験の人を安く採用するよりも、わざわざこのアニメ専門媒体でアニメ業界の職に就きたいと考えている「好き者」たちに募集をかけた方が、お金はかかるかもしれませんが、相思相愛になれる可能性は高いのです!

これが恋愛や結婚だったら、本当に自分のことを想ってくれている人がいるとわかっていながら、貧乏だからと身を引いてそんなに自分のことを好きでない人とと結婚するようなものです!誰も幸せになりません!アニメ業界もアニメ業界が好きな人材も両方が幸せになるために、今後もお手伝いして行きたいと思います。

ゲーム業界 クリエイター採用にかける想い

肉を焼き肉を食べ開発会社のラインを埋めていきます

肉を焼き肉を食べ開発会社のラインを埋めていきます

この7年間、ゲーム業界の求人を最も多く扱ってきました。一番移り変わりの早い業界。かつ、デバイス開発によっていくらでも表現の幅が広がり、進化していきやすい業界だと感じています。それゆえ、ラクジョブ上でも最も扱う職種数が多いです。これからもその進化に合わせて細分化され、新しくうまれ、また増えていくでしょう。増えた職種はゲーム業界の最先端を走る開発会社さんの努力研究の結果だと思っています。表現の限界や、ユーザーさんに楽しまれる新しい内容を常に模索しその結果生み出された仕事に名前を付けて、適応する人材を育て、それを標準化してきた結果が新しい職種、新しいツールの名前になっているのだと、いつも感慨深く思っています。

ラクジョブに掲載されている職種名は、ゲーム業界と共に歩んできた歴史です。

ゲームプログラマー/エンジニアWebデザイナー/コーダー/Flashクリエイタープランナーイラストレーター2DCGデザイナー3DCGデザイナーシナリオライターゲームディレクターマーケティング/企画/広報宣伝ゲームプロデューサースクリプター/デバッガーアートディレクターモーションデザイナーモーショングラフィックデザイナーエフェクトデザイナーサウンドクリエイター教員/講師営業総務/一般事務広報/宣伝/版権管理/著作権/法務経理人事ゲームマスター/オンラインゲーム運営スタッフゲームショップ/ゲームセンターその他

ここに更に新しい職種名が増え、ゲーム業界が新しい挑戦をスタンダードに変えて進化していくところを見守り、更なる業界野発展に向けて
手伝っていきたいです。

マンガ業界 クリエイター採用にかける想い

いい作品に出会えるとテンション上がります

いい作品に出会えるとテンション上がります

いまマンガ業界、特に電子書籍のマンガ会社さんからのお問い合わせを多数頂いています。主に、ユーザー受けしているBLやTL、男性向け18禁コンテンツを扱ったことがある電子媒体経験のある編集者の募集、という非常にニッチな内容で募集のお問い合わせがラクジョブ宛てに届きます。

これは今まで紙媒体の編集者募集ではあまりないことでした。BLやTL、男性向け18禁コンテンツなどは紙媒体で店頭で購入するのは店員の目もあり、抵抗があります。このジャンルが伸びてきた背景には、電子媒体で他人の目を気にすることなく購入ができ、自分の個人的な携帯の中にとどめておくことができる利便性と、そうした隠れてBLやTL、男性向け18禁コンテンツを楽しむファン層の拡大から、供給が追いつかなくなってきたという背景があるようです。電子で、在庫を抱える心配もなくなったため、どんどん新しいコンテンツを投下していくことができるようになってきましたが、在庫がないとは言えマンガ家に払う原稿料などもあるので何でもかんでもリリースさせるというわけにはいきません。ある程度、何が売れるコンテンツなのか、どのマンガ家にどういうモノを書かせれば効果的にいいコンテンツを供給していけるのか、という目利きが必要で、それが前述したような電子媒体専門の編集者の募集ということになります。

IMG_0039

食べてお客さんの採用と売上アップのために付加価値を生み出します!

私自身は電子書籍サイトでBLマンガを毎月8,000円ほど定期購入しています。それだけ読んでいると、ジャケット画像を見るだけでどれが面白い作品かある程度分かってきます。月替わりのキャンペーンなどで推されているマンガのラインナップを見て、今月はどれだけどのマンガに課金しようか、と吟味します。いいキャンペーン内容で興味のあるマンガがたくさんあった場合は8,000円を超えて追加課金することもあります。

電子編集者の方にはぜひ、私のようなコアなファンにお金を落とさせる仕組み作りをどんどんしてほしいと思いますし、そうした優秀な編集者の方が活躍できる場を作って行きたいと心から思います。

============================================================
ビ・ハイア株式会社 大山莉加
ラクジョブ http://raku-job.jp
動画ブログ https://www.youtube.com/user/ooyamabehigher
動画自己紹介 http://youtu.be/Tpdux2gSlD4
〒107-0062 東京都港区南青山3丁目2-2 南青山MRビル
Tel: 03-4577-9005 Fax:03-6447-4267
===========================================================

ページ上部へ戻る
人気ランキング
新着動画
カテゴリー
  • アニメゲーム遊技機案件情報
  • 外注先情報
  • 社長ブログ
  • 採用戦略情報
  • 営業戦略情報
  • 自社スタッフ募集情報
  • サービス内容・価格・実績
  • メルマガバックナンバー
アーカイブ
  • 運営会社情報
  • お問い合わせ