ビ・ハイア HOME > 採用戦略情報 > コンシューマーゲーム3Dモーション制作 トライアル10社を勝ち抜き、月200万の発注へ【ラクビジ紹介成功実績】

ビ・ハイア ニュース

2017.09.05 コンシューマーゲーム3Dモーション制作 トライアル10社を勝ち抜き、月200万の発注へ【ラクビジ紹介成功実績】

某有名ゲームクリエイターが久しぶりに手がけるゲームの制作

きっかけは、大山にあるゲーム開発会社から相談が来たことでした。
「某有名ゲームクリエイターがクラウドファンディングに成功して久しぶりに作る大型コンシューマーゲームの開発を弊社で請け負うことになりましたが、3Dデザイナーが足りません。どこかいい会社を紹介してもらえませんか?モンスターのモーション全部で500モーション分あります。」
聞くと、プレステ時代にゲームをプレイしていた人だったら誰でも知っている有名なゲームクリエイターが、当時のメーカーを離れて初めて作る続編的ポジションのゲームで、世界中の昔ながらのファンが支援してクラウドファンディングが成立し、かなりの金額=期待が集まったタイトルだということなのです。これは制作現場のためにも実際にお金を出して応援しているファンのためにもふさわしい会社を見つけなければ!と気合が入りました。


候補社は10社

そこで候補の企業をまずは20社ほど用意し、使用ソフトや実績、周囲の会社からの評判なども含め最終的に10社に絞ってまずは2~3モーション分のトライアルを受けてもらうことにしました。その結果、モーションのクオリティや動き方のニュアンスの違い、仕事の進め方の違いなどでさらに落選した会社もありましたが、クライアントが絶賛する最高の1社が見つかった!と連絡をいただきました。


全部この会社に任せたい

クライアントからは、丁寧な仕事ぶりと制作の速さ、作りたいイメージへの理解度の高さなど様々な面から、とある1社が最高に素晴らしいと評価をいただき、それこそ今までトライアルした全ての会社から制作を引き上げてその1社に全て任せたいと思うぐらいだそうです。その会社の社長に話を聞くと、もともとゲームのモーションを作っていた会社ではなく映像制作がメインだったのですが、ゲームの雰囲気や過去の作品なども参考に、今までやってこなかったジャンルだからこそかなり気を遣っていいものを作ろうと言う気持ちで取り組んでいたので、クライアントから最高の評価をいただけたことを、照れつつも喜んでいました。

現在クライアントからは1ヶ月200モーションお願いしたい!と言われていますが、現実的にスタッフの数が足りないので、月50モーション~60モーションを受けることになりそうだそうです。1モーション4万円の単価だったので月200万〜240万円が定期的に入ってくる大きな仕事になりました。




このブログを書いた人

大山莉加

大山 莉加執行役員 » 詳細プロフィール

ラクジョブ運営会社ビ・ハイア株式会社のBLofBLにして、千葉出身の東京都港区民。肉食系女子に見せかけたBL。BL好きのコスプレイヤーと思いきや日本で最もアニメゲームマンガ業界の案件情報、ビジネスマッチングに優れてるのでは・・・と思わせる情報量。彼女のおかげで倒産の危機を乗り切ったり、突然ラインが空いた!!という悲劇を乗り切ったアニメゲームマンガ業界の社長も多い。

ページ上部へ戻る

このブログを書いた人

大山莉加

大山 莉加

執行役員

ラクジョブ運営会社ビ・ハイア株式会社のBLofBLにして、千葉出身の東京都港区民。肉食系女子に見せかけたBL。BL好きのコスプレイヤーと思いきや日本で最もアニメゲームマンガ業界の案件情報、ビジネスマッチングに優れてるのでは・・・と思わせる情報量。彼女のおかげで倒産の危機を乗り切ったり、突然ラインが空いた!!という悲劇を乗り切ったアニメゲームマンガ業界の社長も多い。

もっと見る

人気ランキング
新着動画
カテゴリー
  • アニメゲーム遊技機案件情報
  • 外注先情報
  • 社長ブログ
  • 採用戦略情報
  • 営業戦略情報
  • 自社スタッフ募集情報
  • サービス内容・価格・実績
  • メルマガバックナンバー
アーカイブ
  • 運営会社情報
  • お問い合わせ