ビ・ハイア HOME > スタッフブログ > 大山のBL語り > 【大山のBL語り】第1回『ラベルド・タイトロープ・ノット』緋汰しっぷ

ビ・ハイア ニュース

2017.07.07 【大山のBL語り】第1回『ラベルド・タイトロープ・ノット』緋汰しっぷ

大山のBL語り
ひっそりと始めます。BL語りのコーナー。
何も七夕の日に始めなくてもと思いますが、始めます。
完全に趣味です。苦手な方はスルーしてください。

◆『ラベルド・タイトロープ・ノット』緋汰しっぷ
http://amzn.to/2uRx0iO
せっかく七夕の日なので、再会ものをご紹介。


主人公夏生は、友人に対する「邪な思いを悟られたく無い」という逃げから
両想いにもかかわらず告白をしてくれた榛臣を振ってしまっていた。
それから10年経ち、同級生の結婚パーティで偶然再会した榛臣はかつてと違い
妖艶な雰囲気を纏っていて・・・?


こじらせ系両片思いが切ない作品です。
純粋な好意を示してくれた相手に対して、自分の持っている感情は
「泣かせて見たい」という薄暗い執着と被虐心だということを自覚してしまった時、
男同士だからとか好きじゃなかったからとかではなく、何より自分のことが怖くなって
榛臣を遠ざけてしまう夏生。

一方、振られた方の榛臣は色々な男と関係を持つようになってからも夏生を忘れられず、再会を期に夏生を誘い、それからというもの大人の建前と言い訳とセックスで本心を隠して逢瀬を重ねていきます。思いを伝えず体から始まってしまった二人が心の内を言えるようになるまでのすれ違いがじれったく、お互いの心情を知っているだけに読者としては
「ううう、それは誤解なんだ・・・。」とか「気づけ・・・!」と歯噛みした場面が何度もありました。それだけに最後まで読んで、もらい泣きしてしまいました。

緋汰しっぷ先生は本作品が初コミック化ということですが、非常に話に説得力を持たせる感情表現豊かな絵が描ける方で、密かに今後応援していきたいと思います。
全ての織姫と彦星が再会して幸せな時を過ごせますように!(取ってつけたかのような締め)

このブログを書いた人

大山莉加

大山 莉加執行役員 » 詳細プロフィール

ラクジョブ運営会社ビ・ハイア株式会社のBLofBLにして、千葉出身の東京都港区民。肉食系女子に見せかけたBL。BL好きのコスプレイヤーと思いきや日本で最もアニメゲームマンガ業界の案件情報、ビジネスマッチングに優れてるのでは・・・と思わせる情報量。彼女のおかげで倒産の危機を乗り切ったり、突然ラインが空いた!!という悲劇を乗り切ったアニメゲームマンガ業界の社長も多い。

ページ上部へ戻る

このブログを書いた人

大山莉加

大山 莉加

執行役員

ラクジョブ運営会社ビ・ハイア株式会社のBLofBLにして、千葉出身の東京都港区民。肉食系女子に見せかけたBL。BL好きのコスプレイヤーと思いきや日本で最もアニメゲームマンガ業界の案件情報、ビジネスマッチングに優れてるのでは・・・と思わせる情報量。彼女のおかげで倒産の危機を乗り切ったり、突然ラインが空いた!!という悲劇を乗り切ったアニメゲームマンガ業界の社長も多い。

もっと見る

人気ランキング
新着動画
カテゴリー
  • アニメゲーム遊技機案件情報
  • 外注先情報
  • 社長ブログ
  • 採用戦略情報
  • 営業戦略情報
  • 自社スタッフ募集情報
  • サービス内容・価格・実績
  • メルマガバックナンバー
アーカイブ
  • 運営会社情報
  • お問い合わせ