ビ・ハイア HOME > 自社スタッフ募集情報 > 新卒採用 インターン山崎翔太郎が語る ビ・ハイアの読書100冊ノルマについて

ビ・ハイア ニュース

2016.02.17 新卒採用 インターン山崎翔太郎が語る ビ・ハイアの読書100冊ノルマについて

スクリーンショット 2016-03-04 16.02.20山崎翔太郎 自己紹介

こんにちは!アルバイトで働いている東洋大学社会学部4年 山崎です!レトロゲームが大好きな23歳。見た目も趣味も老けている?それだけは言わないでください!


IMG_2670「月100冊以上の本を読む」ということについて

記事を読んでいただきありがとうございます。
この記事は現在ビ・ハイアで新卒採用の選考を受けさせていただいている山崎が、ビ・ハイアの特徴でもある「月100冊以上の本を読む」ということについて、未だ普通のスピードでしか本を読めない山崎が感じたことや考えたことを記事にしました。

速く読めなくても応募してみて、ビ・ハイアにある本をたくさん読んでどう思ったのかということを書いていきます。

book110冊じゃなくて…?

新卒採用の応募をしようとされている方は、とても、とても気になっていると思います。まず、「月に100冊って、え、誤植かな?何かの間違いでは?」という風に思われるでしょう。でもそのような感覚に陥ることは当たり前だと思います。日本人の平均読書量は世代によっても違いがありますが、全体的に見ると47.5%は「一冊も本を読まない」という文化庁の調査結果があります。

リンクは2014年10月11日、産経ニュースの記事です。
http://www.sankei.com/premium/news/141011/prm1410110018-n1.html
このような読書離れが叫ばれている昨今で、「読書100冊」の要求はとんでもないように見えてしまうのは仕方がないことだと思います。
私が応募したあと、清水社長とメールのやり取りを何度かさせていただいたのですが、念押しをされました。「やれる自信はありますか?」というメッセージです。私はだいたい毎月40冊ほど読んでいましたので、「た、多分できるのではないかな…」という程度の自信でしたが、「やります!読書大好きですから!」というようなお返事をさせていただきました。読書が大好きなのは嘘偽りないことですが、肝心のスピードや達成できるかという点については、その時点で保証も何もありませんでした。さて、ここで私の現在の読書スピードを見てみると、すぐには実現できそうにないことが分かります。

image山崎の読書スピード

私の読書スピードは普通の人と同じくらいだと思います。

2015年3月から読書をスタートさせもうすぐ1年が経過しようというところですが、それでもいたってスピードは普通で、新書であれば2時間程度で読み切るという感じです。斜め読みや飛ばし読みをして、だいたいの内容などの理解で大丈夫ならば、1時間程度で読める、そのくらいのペースです。少し難しい本になると、もちろん2時間以上かかってしまいますから、現状のスピードで100冊を突破するには、なかなか時間がかかりそうです。毎日読むとしても3冊以上は読まないといけません。6時間以上の時間を毎日確保するのは難しいですし、もしビ・ハイアで内定を頂けたとしても、果たしてそれほどの時間を確保できるかどうか…。
達成しなかったらどうしようという私と同じような不安を持っている方もいらっしゃると思います。

book1速読は必要か

どうにかこうにか1時間に1冊読むことができれば、ビ・ハイアの読書時間開始の朝5時半から9時までに黙々と本を読んだ場合、単純に計算して1日3.5冊読むことができますよね。ということは、月曜日から土曜日までの出勤日だけでも、3.5冊×27勤務日=94.5冊です。6冊ほど足りませんが、その6冊はどこかで埋めれば良いわけです。日曜日にも少し読書をすれば埋まるでしょう。まずはここを目指しつつ、読書スピードをあげなければ!そこで思いつくキーワードがあります。「速読」です。1冊の本をものすごい速さで読む「速読」という技術があるのはご存知だと思います。さてこの速読スキルですが、必要なのでしょうか。実際に社員の方々の何名かに質問させていただきましたが、どうやら必ずしも必要というわけではないそうです。しかし、皆様月100冊の読書をされているということです。

どういうことなのだろうと思いましたが、清水社長が面接の時、「まあ、たくさん読めば早くなるから」ということを仰っていたことを思い出しました。

book確かに、大金を速読塾やセミナーつぎこんで、速読知識やテクニックだけを学びに行くよりは、普通に本を読んだ方が良いというのは納得がいきます。速読本の著作で有名な宇都出雅巳さんや、脳機能科学者の苫米地英人さんなどは、「速読なんてしなくていいからとにかく速く読め」ということを、ご自身が書いた速読本で書いていらっしゃいます。「速読というのは知識がなければそもそもできないものである」という身も蓋もない(というと失礼かもしれませんが)ことが書いてあります。速読本なのに「まずは速読とか関係なく読め」とはこれいかに…素直すぎる…逆に怪しいのでは、と思っておりましたが、ビ・ハイアの方々から本を読むスピードに関するお話を聞き、読書しているところを見学していると、これは本当のことなのだと感じます。速読の本もビ・ハイアのオフィスには何冊もあるので、身につけようと思ったら身につけられる環境にはあると思います。私も自分で何冊かもっていますが、読んだことのない速読の本もありましたので、非常に参考になりました。とにかく読んで、読んで、読みまくろうと思います。

IMG_2675最後に

さて、ここまで読んで「山崎愚かなり」と思われた方もいらっしゃるでしょう。「読書で大事なのは冊数なのか?」と。違いますよね。それは未だ100冊読めていない、知識に乏しい上に社会経験が無い私でも違うとわかります。
散々読書冊数に焦点を当てて記事を書かせていただきましたが、重要なのは本を読むことではなく、本を読んで、得た知識をどうやって実践するか、ということでしょう。自分で調べ、自分で行動する。そのツールとして読書があり、個人の成長のための有効な手段であるからノルマが課されているのだと思います。

故に、100冊読んだって頭に入っていなかったら、そしてその本の内容を少しも実践できていないのならば、あまり意味があることとは言えないのかもしれません。でも、もし100冊分の著者の意見が自分の物として使えたら、それはとても強い武器になります。
これまで、学生の身分で生意気を言ってしまっているのは分かっています。でも、どうか読書100冊というノルマに怯まず応募してほしいと思います。まだ内定が決まっていない私が言うのも変ですが、業界発展を志す仲間が少しでも増えればいいなと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

応募はコチラからどうぞ

新卒募集記事 採用情報概要とその他特徴について



 

ビ・ハイア株式会社 応募フォーム

このブログを書いた人

大山莉加

大山 莉加執行役員 » 詳細プロフィール

ラクジョブ運営会社ビ・ハイア株式会社のBLofBLにして、千葉出身の東京都港区民。肉食系女子に見せかけたBL。BL好きのコスプレイヤーと思いきや日本で最もアニメゲームマンガ業界の案件情報、ビジネスマッチングに優れてるのでは・・・と思わせる情報量。彼女のおかげで倒産の危機を乗り切ったり、突然ラインが空いた!!という悲劇を乗り切ったアニメゲームマンガ業界の社長も多い。

ページ上部へ戻る

ビ・ハイアに応募する

このブログを書いた人

大山莉加

大山 莉加

執行役員

ラクジョブ運営会社ビ・ハイア株式会社のBLofBLにして、千葉出身の東京都港区民。肉食系女子に見せかけたBL。BL好きのコスプレイヤーと思いきや日本で最もアニメゲームマンガ業界の案件情報、ビジネスマッチングに優れてるのでは・・・と思わせる情報量。彼女のおかげで倒産の危機を乗り切ったり、突然ラインが空いた!!という悲劇を乗り切ったアニメゲームマンガ業界の社長も多い。

もっと見る

人気ランキング
新着動画
カテゴリー
  • アニメゲーム遊技機案件情報
  • 外注先情報
  • 社長ブログ
  • 採用戦略情報
  • 営業戦略情報
  • 自社スタッフ募集情報
  • サービス内容・価格・実績
  • メルマガバックナンバー
アーカイブ
  • 運営会社情報
  • お問い合わせ