ビ・ハイア HOME > 営業戦略情報 > SEO対策 読ませる見出しとは 新聞社編成部長に学ぶテクニック

ビ・ハイア ニュース

2016.04.26 SEO対策 読ませる見出しとは 新聞社編成部長に学ぶテクニック

yamazaki記事も読まれなかったら意味がない!

記事を読んでいただきありがとうございます。ビ・ハイア新人山崎です。皆さん、SEO対策していますか?山崎はビ・ハイアで働いている間、ずっと記事を書いています。1日2000文字ほどの記事を8本書いています。最初のうちはヒーコラ言いながらやっておりましたが、慣れると8本は楽なものです。さて、そんな山崎ですが、先輩の方々が書く記事と比べると少しPV数(閲覧者数)が少ないのです。もちろん新人ということで、記事の質が高くないという根本的、基本的な問題もあると思います。しかし、これから紹介するニュースを見たとき、もしかするとタイトルや見出しによって、見られる、見られないが分かれてしまうのでは?と思い記事にしました。

「本質を伝えるための省略…読ませる見出しの作り方」ーYOMIURI ONLINE
2016-04-18 17.13.31
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160415-OYT8T50039.html

まず、このYOMIURI ONLINEの記事タイトルからしてタイトルを実践しております。読ませる見出しのテクニックとは、一体どういうものなのでしょうか。

「見出し」の基本的なルールとは

まず、見出しの基本的なルールから確認してみましょう。

(引用開始)

──見出しに基本的なルールはあるのでしょうか。

大きなルールとしては、「記事の内容を具体的に取る」「一目でわかる文字数」「ひとりよがりの見出しにしない」の3つです。特に、「記事の内容を具体的に取る」というのは大事ですね。
学級新聞などでよくあるのは、例えば、学校で修学旅行へ行った記事に、「京都修学旅行」というタイトルをそのまま付けてしまうことです。新聞の見出しではそれが、「紅葉の京都を満喫」というような内容を取った見出しになるんです。

(引用終わり)

Fotolia_86321144_Subscription_Monthly_M-e1453189749569-300x163なるほど。「記事の内容を具体的に取る」「一目でわかる文字数」「ひとりよがりの見出しにしない」というこの3つを抑えているかいないかで、その新聞記事が読まれるか読まれないかが決まってしまうというのだから驚きです。新聞の見出しはネットニュースなどと違って、縦書きや横書きなど、レイアウトが自由にできますから、そうした視覚効果なども合わせることによってさらに効果的に読ませることができそうです。

新聞、ネットニュースの見出しの違い

ネットニュースとの違いにも言及されていました。

(引用開始)

──他のメディアと新聞の見出しの違いは、何だと思いますか。

ウェブとの違いで言うと、新聞の見出しは縦も横もある。それから言葉を自由な位置に配置できるというところが違いますね。ウェブのニュースの基本は、1列1行見出しです。特に、Yahoo!のトップニュースは、われわれから見てもよくできていると思います。

─どのへんがよくできているのですか。

短い字数の中にニュースのポイントをきちんと押さえた上で、クリックさせる力があるところですね。新聞だと目を移せば記事が読めますが、ウェブの場合はクリックしないと記事が出てこない。もう1段階ハードルがあるわけです。それでもクリックさせるというのは、その見出しに人を引きつける力があるということです。

(引用終わり)

gahag-0010415091-1新聞と違い「クリック」という行動が一つ挟むことによって、ネットニュースの場合はハードルが一つ多いという内容です。新聞記者の方々以上にタイトルや見出しに気をつけなければなりません。ネットニュースの場合、勝負はまさしくタイトル!タイトルで引っ張ってこれなければ、読まれる記事に成長はできません。そういえば、コンスタントにPV数を伸ばすビ・ハイア副社長平田の記事は、どれも興味をそそられるタイトルです。

ソーシャルゲーム開発担当者さまへ その条件では良い3DCG会社は見つかりません!



規制が再び来るのか?グランブルーファンタジーの問題で予想できる、今後の規制の行方



 

10703878_857011287656788_8162137849158976485_n的確な要約ができるか

写真は的確な要約力を誇る平田副社長です。要約される!!

SEO的観点から今回のニュースを分析すると、「記事の内容を具体的に取る」ということ、「一目でわかる文字数」は最低限守らなければならないことでしょう。まさに「本質をタイトルで伝えるための省略」をしなければなりません。Googleは32文字以上の記事タイトルに関しては、それ以降を……と省略してしまいます。当記事のタイトルは「SEO対策 読ませる見出しとは 新聞社編成部長に学ぶテクニック」ですが、スペースを入れて31文字です。うーん、どうなんでしょう。ちょっと長い気がします。「テクニック」はもしかしたらいらないかな?というふうに悩みましたがこのままにしました。

要するに、その記事の美味しいところを「強調」し、なおかつ記事の内容を具体的にかける記事が読まれるということですね。よく雑誌などで見出しによる記事内容の「誇張」が見られますが、それでは内容を見られたときにがっかりされてしまいますから、「強調」に留めておくべきですし、最悪の場合「嘘をつくな!」とクレームに発展してしまいますから、ここは気をつけなければないりません。例えばこの記事のタイトルを誇張するなら、「絶対うまくいく!新聞社編成部の読まれる見出しの作り方!」という感じでしょうか。ビジネス本のタイトルみたくなってしまいした。こういうのはニュース記事、コンテンツのタイトルとしては相応しくないのです。

日々の文章力を上げるのももちろんですが、要約力をあげ、本質を見抜き、それを上手に強調してタイトルにするという方法も磨かねばなりません。コンテンツ制作は奥が深いですな…!記事を読んでいただきありがとうございました!

SEO対策サービスZMC運営中です。詳しくはこちらから!

アニメゲーム漫画専門SEO 地道、基本、そして最強のSEOサービスZMC(ジーモック)について ビ・ハイア株式会社



toiawase

このブログを書いた人

山崎翔太郎

山崎 翔太郎 » 詳細プロフィール

FF5の発売日に生まれたレトロゲーマー。ファミコン、スーファミが大好き。いつか自分専用のレトロゲーム博物館を作りたいと思っています。ゲームサウンドをこよなく愛し、自身も音楽制作を嗜む。アニメゲーム漫画以外ではB級映画やSFも好きです!!

ページ上部へ戻る

このブログを書いた人

山崎翔太郎

山崎 翔太郎

FF5の発売日に生まれたレトロゲーマー。ファミコン、スーファミが大好き。いつか自分専用のレトロゲーム博物館を作りたいと思っています。ゲームサウンドをこよなく愛し、自身も音楽制作を嗜む。アニメゲーム漫画以外ではB級映画やSFも好きです!!

もっと見る

人気ランキング
新着動画
カテゴリー
  • アニメゲーム遊技機案件情報
  • 外注先情報
  • 社長ブログ
  • 採用戦略情報
  • 営業戦略情報
  • 自社スタッフ募集情報
  • サービス内容・価格・実績
  • メルマガバックナンバー
アーカイブ
  • 運営会社情報
  • お問い合わせ