ビ・ハイア HOME > 営業戦略情報 > なぜコンテンツマーケティングこそがSEOの究極にして王道なのか。アニメゲーム漫画業界の会社だからこそわかる中身が大切だという話

ビ・ハイア ニュース

2016.02.01 なぜコンテンツマーケティングこそがSEOの究極にして王道なのか。アニメゲーム漫画業界の会社だからこそわかる中身が大切だという話

SEOという言葉は、誰もが一度は聞いたことがあると思います。Search Engine Optimization、検索エンジン最適化、つまりGoogleでページを上位に表示させるための方法のことです。そして、SEOと聞くと、あたかもそれが特殊な技術な技術や方法のように思われるかもしれませんが、それは間違いです。

今回は、現在のSEOは全て無意味になる、コンテンツマーケティングこそがSEOの王道だという話をします。

Google世界を覆うGoogleというシステム

Googleは世界一の検索エンジンを保有しています。そのことに異論がある人はいないでしょう。では、なぜGoogleの検索エンジンは世界一なのか。それは検索を利用した人が検索することで果たしたかった目的を最も早く達成することができるからです。例えば、郵便配達の世界では、目的の物を最も早く提供してくれた会社が一番です。塾、予備校の世界では、志望校合格という目的に最も早く楽に到達させてくれるところが一番です。そして情報の世界では、目的としている情報に最も早くリーチできるサービスが一番です。

つまり世界一の情報サービスを提供し続けているのはGoogleの検索エンジンだということです。そしてそれはもはや日々生活する上で、「Googleの検索エンジンって便利」とすら思われないほどに常識化、日常化しています。何かわからないことがあればGoogleで検索すればOK、ググればOKという感覚が世界を覆っています。

Google_office世界一の頭脳が集まるGoogle

では、Googleが実現している検索エンジンには、どのようなアルゴリズムが隠されているのでしょうか。Googleの検索窓には、大抵いくつかの単語が羅列されるだけです。オムライスが作りたければ「オムライス レシピ」、面白いゲームをやりたければ「ゲーム お勧め」などと検索するでしょう。入力は単語の羅列でしかありませんが、どの単語を羅列させるかという選択の裏側には、単語を打ち込む人の思考や希望、目的が隠されています。

まず第一の方法が単語から思考を読み取ることです。次に読み取った思考から、その人の目的を叶えるのに必要な情報を与えることができるページを探します。この単語という入力と検索結果表示という出力の関係性を利用して、故意のWEBサイトを検索上位に反映させるための技術がSEOということになります。では、入力と出力の間でどんな計算がなされているのでしょうか。それはわかりません。Googleはネットで世界一の会社です。世界最高峰の57,148人の頭脳の集合体がGoogle検索エンジンです。どんなに頭がいい人がいたとしても追いつきようがありません。

shutterstock_321327590SEOは実験結果でしかない

確かにGoogleの検索エンジンの仕掛けはわかりませんが、どのようなサイトを用意しておけば、検索という入力に対して検索上位表示という出力を得ることができるのかという集合的な実験結果はすでに出ています。そのトライ&エラーの結果、「こういうことをしておけばいいらしい」「ああいうことはやるとまずいらしい」という集合知がSEOと呼ばれ、体系化されています。

しかし、この体系的な知識はあくまで現行のアルゴリズム上での実験結果に過ぎません。Googleがアルゴリズムを変更すれば、それまでの体系やサイトに施したSEOの努力は無に帰します。それどころかマイナス評価になる可能性すらあります。

shutterstock_254703769なぜ現在のSEOは将来全て無意味になるのか

なぜならば、SEOを目的としたサイトはGoogleが目的とするサイトとは明確に基準が異なるからです。最初にも述べた通り、Googleの目的は、検索利用者が最も早く情報にリーチできることです。もし、Googleのサービスの品質が低下し、Googleを利用しても無駄だと思われるようになってしまえば、Googleを利用する人が減ってしまいます。

一方でSEOを目的としたサイトは、上位に検索されることが目的のサイトであり、検索利用者のことなど考えていません。検索利用者に目的の情報を与えることができません。当然、Googleがアルゴリズムを変更する際には、それまで上位に表示されてしまっていたSEOのみを目的としたサイトにペナルティとなる設計をします。SEOを目的としたサイトが作られ続ける限り、SEOとGoogleのいたちごっこが繰り返されてしまいます。

shutterstock_311793548コツコツ地道に時間をかけることが最良の方法

そこで考えられた新しいSEOの手法がコンテンツマーケティングです。コンテンツマーケティングとは、小手先のSEO対策に従事するのではなく、コンテンツつまり、サイトの中身で勝負しようという考え方です。検索利用者が求めるような情報をサイトから得られるようにサイトを作ります。

コンテンツマーケティングは効果が出るのが遅いです。現行のGoogleのアルゴリズムに最適化しているわけではありません。しかし、SEOの歴史の中でGoogleのアルゴリズムが洗練され、どんどん小手先のSEOが通用しなくなっている流れからして、いずれは検索利用者の目的とサイトの表示が真の意味で最適化される時代が来ます。その時にネットの世界で勝者となっているのは、コンテンツマーケティングを地道にコツコツ続けたサイト以外にあり得ません。

shutterstock_365114009コンテンツマーケティングもアニメゲーム漫画も大切なのは中身

そして、コンテンツマーケティングは大変です。自分で頭をひねって検索利用者を想定して、その人が目的を達成するためにはどうすればいいかを考えてサイト上に形にする必要があります。しかし、大変だからこそ意味があります。アニメゲーム漫画も一緒でしょう。刹那的なブームを狙った作品はすぐに忘れ去られます。お金になる可能性が低くても、すぐに認められなくても、本当に魂を込めて作り上げた作品であれば必ず後から評価がついてきます。そして大切なのは中身であるということが分かっている会社にこそ、コンテンツマーケティングを取り入れていただいて、より長く、より高く評価されてほしいと思っています。

だからこそ弊社ビ・ハイア株式会社が展開しているコンテンツマーケティング、SEOサービス「ZMC(ジーモック)」はアニメゲーム漫画業界の会社にしか提供していません。ぜひ興味のあるアニメゲーム漫画業界の会社には、併せて以下の記事も読んでほしいです。それでは、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アニメゲーム漫画専門SEO 地道、基本、そして最強のSEOサービスZMC(ジーモック)について ビ・ハイア株式会社



toiawase-1024x226-1

このブログを書いた人

松村優

松村 優ラクジョブ運営・メルマガ発行責任者 » 詳細プロフィール

早稲田大学法学部より新卒でラクジョブ会社の運営スタッフへ。アニメゲームマンガ、特にアニメへの想いは熱い。ジョジョでは7部の大統領が最も格好いいと熱弁し、スタッフ内で激論を交わす。松村が担当する求人は的確なフォローによりうまく行く確率が上がる!・・・故にそこら中からフォローを依頼されて仕事だらけな人気者。

ページ上部へ戻る

このブログを書いた人

松村優

松村 優

ラクジョブ運営・メルマガ発行責任者

早稲田大学法学部より新卒でラクジョブ会社の運営スタッフへ。アニメゲームマンガ、特にアニメへの想いは熱い。ジョジョでは7部の大統領が最も格好いいと熱弁し、スタッフ内で激論を交わす。松村が担当する求人は的確なフォローによりうまく行く確率が上がる!・・・故にそこら中からフォローを依頼されて仕事だらけな人気者。

もっと見る

人気ランキング
新着動画
カテゴリー
  • アニメゲーム遊技機案件情報
  • 外注先情報
  • 社長ブログ
  • 採用戦略情報
  • 営業戦略情報
  • 自社スタッフ募集情報
  • サービス内容・価格・実績
  • メルマガバックナンバー
アーカイブ
  • 運営会社情報
  • お問い合わせ