ビ・ハイア HOME > サービス内容・価格・実績 > アニメゲーム漫画業界 専門SEOサービス 検索上位、問合せ数増加15倍に ZMC導入 3ヶ月実績

ビ・ハイア ニュース

2016.06.02 アニメゲーム漫画業界 専門SEOサービス 検索上位、問合せ数増加15倍に ZMC導入 3ヶ月実績

seoもはや従来のSEO対策は無意味

今から3ヶ月前、ビ・ハイアでは「PVやOP」の分野で検索結果を征圧しようと乗り出しました。その目的は、「ある特定のキーワードで検索した際の情報を全てビ・ハイア発信の情報のページにする」こと。

例えば、現在Googleで「Unity 出向」と検索すると、1ページ目の検索結果はほぼビ・ハイアの情報となっています。一言で言えば、「SEO対策がうまく行きました」という、言葉に尽きるのですがリスティング対策と違って、お金をかけてもすぐに成果につながりにくく、Google独自の基準に合致しているものでないと検索上位に表示されないのがSEOです。

以前は、
・文字列をコピペしたものをたくさん並べれば検索に引っかかりやすい
・被リンクが多いサイトほど上位表示されやすい

など、テクニックに寄ったSEOノウハウを売る業者も少なくありませんでしたが、Googleの評価基準は日々進化し、より難解に、ただSEOを上げたいだけの業者に対抗し本当に価値のあるサイトを厳選して検索結果に表示させるように精度を上げてきています。

Googleユーザーのために日々成長する検索エンジン

というのも、Googleは自身の検索エンジンとしての質を保つために検索を利用するユーザーに対しての理念を「Google が掲げる 10 の事実」として掲げています。

Google が掲げる 10 の事実
1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2.1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3.遅いより速いほうがいい。
4.ウェブ上の民主主義は機能します。
5.情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6.悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7.世の中にはまだまだ情報があふれている。
8.情報のニーズはすべての国境を越える。
9.スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10.「すばらしい」では足りない。

つまり、このGoogleの理念に反するようなページは弾かれ、逆に理念に合致しユーザーの求める有益菜情報が掲載されているページであれば上位に表示されるということです。非常にシンプルな話で、ただ対象とする文字列がコピペでたくさん書いてあるような文章はユーザーにとって役に立たないものですし、リンクがたくさん掲載されていたとしても、それが全てユーザーの興味を惹くような関連する内容でないと意味が無いということです。

(引用)
Google は検索を行う会社です。検索問題を解決することだけに焦点を置いた世界最大級の研究グループを有する Google は、自分たちにできることが何か、それをもっとうまくやるにはどうすればいいかを知っています。複雑な問題も反復に反復を重ねて解決し、既に膨大なユーザーが情報をすばやくシームレスに検索できているサービスに対しても、絶え間ない改善を続けています。
(引用終わり)

こう明記されているので、Googleの保有する検索エンジンよりも頭を使ってユーザーの喜ぶような情報を自社の発信したい情報に関連させて発信し続ける必要があると言うことなのです。

gameOP3ヶ月で検索結果1位に

そこで、冒頭の話に戻るのですがビ・ハイアでは今回「OP制作」というキーワードの検索結果を対象に、独自にSEO対策を実施することにしました。アニメゲーム漫画業界の発注担当者が検索しそうなワードにだけ着目し、SEOを上げる事で下記のような構造を作りたいと考えました。

優秀な外注先を探したい発注担当者

Googleで制作会社を検索する

結果表示上位に出てくる会社への問合せ

結果表示をビ・ハイアで独占

ビ・ハイアへの問合せアップ

これをビ・ハイアで成功させられれば、各開発・制作会社の社長達は将来、検索経由で来る問合せを待つだけで仕事を埋めていくことができるようになるかもしれません。開発・制作会社の社長達の悩みの種は、

・受託の仕事はどこにあるのか

ということに尽きます。営業が決まりやすければ、もっと営業が楽しくなっているはずなのですが、そうじゃないのは仕事を持っている会社がどこかわからないけどとにかく売り込まないとスタッフを食わしていけないというプレッシャーがあるからです。これが、

・「御社のことが必要だ!」というクライアントから連絡してくれるようになる

だけでも、だいぶ経営者の負担は軽くなりますし、いい作品を作る事に集中して時間を使うことが出来るようになります。業界のクリエイター社長は全員、営業から解放されていいものを作る時間を取れるようになって欲しい!というのがビ・ハイアの願いです。

今回ビ・ハイアが行ったのは、「OP制作」に関する読み応えがあり「おもしろい」記事を月4本、3ヶ月更新し続けることです。2016年3月〜6月1日までの間、毎週1本新しい記事を書き、アップし続けました。その結果が下記の通りです。(2016年6月2日現在)

「ゲーム OP制作」で検索結果1ページ目
1位 スマホゲームのOPアニメ制作が得意 ショートムービー専門会社のご紹介

スマホゲームのOPアニメ制作が得意 ショートムービー専門会社のご紹介



3位 アニメ制作 テレビシリーズOP(オープニング)をアニメ会社が作らない理由 アニメ業界を助けるOP専門会社について

アニメ制作 テレビシリーズOP(オープニング)をアニメ会社が作らない理由 アニメ業界を助けるOP専門会社について



「アニメ OP制作」で検索結果1ページ目
2位 アニメ制作 テレビシリーズOP(オープニング)をアニメ会社が作らない理由 アニメ業界を助けるOP専門会社について

アニメ制作 テレビシリーズOP(オープニング)をアニメ会社が作らない理由 アニメ業界を助けるOP専門会社について



「アニメ制作 テレビシリーズOP(オープニング)をアニメ会社が作らない理由 アニメ業界を助けるOP専門会社について」という記事に関しては、3月18日に公開して現在17,347PVとなっており、毎日PVは上がり続けています。

この記事に関しては、アニメ関係者のtwitterなどでもRTや「いいね」が付いて拡散されました。こうして、目にした人が思わずシェアしたくなるような内容のある記事を、時流の流れとは関係なく長いスパンで読まれ続けることが、Googleの検索結果として重要なことなのです。

Money snowfall記事経由で1日に問合せ15件

この記事を公開した当日、記事で紹介しているOP制作会社に記事経由での問合せが15件ほどありました。同じアニメ関係者から、「記事に紹介されていたね!」という久しぶりの挨拶の電話や、初めての会社からの問合せなど様々な反応があり、その中から実際の仕事に結びついたものもあるそうです。いままでこうした問合せはなく、いつも仕事をしている会社からたまに相談の連絡があるぐらいなので、一気に15件も連絡が来て驚いたと言います。

ネットに記事が残り、それが検索した人から読まれ続け「有意義なコンテンツだ」とGoogleから評価される限り、検索結果上位に残り続けて御社の営業活動を支えて行くことができるでしょう。上記の記事を読んで、同じように記事制作に取り組めば、月4記事3ヶ月で営業から解き放たれる生活が手に入るかも知れません。ぜひお試しください。もし、記事を継続して書くのが大変な場合は、代行して記事を制作するサービスも展開していますので、ご相談ください。

ZMC

toiawase

このブログを書いた人

大山莉加

大山 莉加執行役員 » 詳細プロフィール

ラクジョブ運営会社ビ・ハイア株式会社のBLofBLにして、千葉出身の東京都港区民。肉食系女子に見せかけたBL。BL好きのコスプレイヤーと思いきや日本で最もアニメゲームマンガ業界の案件情報、ビジネスマッチングに優れてるのでは・・・と思わせる情報量。彼女のおかげで倒産の危機を乗り切ったり、突然ラインが空いた!!という悲劇を乗り切ったアニメゲームマンガ業界の社長も多い。

ページ上部へ戻る
  • アニメゲーム専門人材採用広告資料請求
  • アニメゲームマンガ売上アップサービス資料請求

このブログを書いた人

大山莉加

大山 莉加

執行役員

ラクジョブ運営会社ビ・ハイア株式会社のBLofBLにして、千葉出身の東京都港区民。肉食系女子に見せかけたBL。BL好きのコスプレイヤーと思いきや日本で最もアニメゲームマンガ業界の案件情報、ビジネスマッチングに優れてるのでは・・・と思わせる情報量。彼女のおかげで倒産の危機を乗り切ったり、突然ラインが空いた!!という悲劇を乗り切ったアニメゲームマンガ業界の社長も多い。

もっと見る

人気ランキング
新着動画
カテゴリー
  • アニメゲーム遊技機案件情報
  • 外注先情報
  • 社長ブログ
  • 採用戦略情報
  • 営業戦略情報
  • 自社スタッフ募集情報
  • サービス内容・価格・実績
  • メルマガバックナンバー
アーカイブ
  • 運営会社情報
  • お問い合わせ